i-smile(アイスマイル)で話せる人と話せない人の決定的な違い

i-smile(アイスマイル)で話せる人と話せない人の決定的な違い

「英会話が苦手な人でも2ヶ月で英会話マスターになれる!」と口コミで大評判のi-smile(アイスマイル)ですが、全ての人に万能という訳ではありません。口コミを調べたところ、i-smile(アイスマイル)で英語が話せるようになる人と話せない人には決定的な“違い”があることがわかりました。

今回はi-smile(アイスマイル)で英語が話せるようになった人と思うような成果が出なかった人を紹介し、その“違い”について考察していきます。i-smile(アイスマイル)で失敗しない術を、この記事を読んで身につけましょう。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

i-smile(アイスマイル)で話せるようになった人はこんな人

i-smile(アイスマイル)で話せるようになった人はこんな人

口コミによると、i-smile(アイスマイル)で英会話マスターになれた人は「遊び感覚でi-smile(アイスマイル)を取り組んだ人」「過去に英語で挫折した人」のようです。この2つを詳しく見ていきます。

遊び感覚でi-smile(アイスマイル)を取り組んだ人

「勉強している感覚がなかった」「ドラマとゲームにハマった」という口コミが多数見られます。そして、i-smile(アイスマイル)を楽しんだ人ほど、より早く成果を感じることができたのだとか。i-smile(アイスマイル)は海外ドラマ仕様の動画や英語を使ったゲームなど、遊び感覚で取り組める教材です。海外ドラマやスマホゲームが好きな人は、特に成果が出やすいと言えます。

英語で挫折を経験したことがある人

英語に苦手意識を感じる人ほど、i-smile(アイスマイル)で英会話が上達したと実感しやすいようです。i-smile(アイスマイル)は最先端の教育メソッドに基づき、より早く成果が感じられる工夫が詰め込まれています。今まで結果が出なかった人だからこそ、i-smile(アイスマイル)の良さに気づけるのでしょう。2ヶ月と言わず、たった数週間で成果を感じた人もいるようです。

i-smile(アイスマイル)で成果が出なかった人はこんな人

i-smile(アイスマイル)で成果が出なかった人はこんな人

次にi-smile(アイスマイル)で成果が出なかった人をご紹介します。「英語を完璧にマスターしたい人」「楽しいことでも続けられない人」の2タイプです。

英語を完璧にマスターしたい人

成果が出なかったという口コミを見ると「物足りなさを感じて続かなかった」という声もありました。i-smile(アイスマイル)は「日常生活での会話」に特化した教材なので、文法も英単語もマスターしたいという人は物足りず、長続きしなかったのだと考えられます。

遊び感覚で勉強するのが苦手な人

i-smile(アイスマイル)は遊び感覚でどんどんハマる人が多いのですが、「海外ドラマやゲームがピンと来なかった」「もっと本格的な授業が受けたかった」という人は、i-smile(アイスマイル)を2ヶ月続けられない傾向があることがわかりました。机に向かって単語帳を開かないと集中できない人には、遊び感覚が合わず成果が出にくいのかもしれません。

i-smile(アイスマイル)で成果が出た人と出なかった決定的な違いは「遊び感覚」

i-smile(アイスマイル)で成果が出た人と出なかった決定的な違いは「遊び感覚」

i-smile(アイスマイル)で成果が出た人と出なかった人を総合的に見ると、その“違い”は「遊び感覚でi-smile(アイスマイル)を楽しめたかどうか」にあるようです。i-smile(アイスマイル)を学習教材としてではなく、英語で遊ぶツールとして楽しんだもん勝ちということでしょう。

i-smile(アイスマイル)で成果が出る最大の要素

では、なぜ「遊び感覚」が成果に繋がるのでしょうか。そもそもi-smile(アイスマイル)は、1日最短15分のレッスンを、2ヶ月毎日続けることで学習成果が出るようカリキュラムが組まれています。つまり、i-smile(アイスマイル)で英会話マスターになるには「継続すること」が鍵です。

「遊び感覚」がモチベーションを保ってくれる

また、継続に最も必要なのは、モチベーション維持です。やる気が少し下がっただけなのに、あっという間に英会話学習から離れてしまった人は少なくありません。

もうおわかりですね。そう、遊び感覚があれば、モチベーションを自然に保つことができるのです。これまで長続きせずに悔しい思いをしてきた人も、この遊び感覚さえ大事にすれば、自分でも驚くほどの英会話力を手に入れられます。

最後に

最後に

人にはそれぞれの成長スピードや、i-smile(アイスマイル)を始める前の英語スキルに差があります。成果が出なかった人の特徴に当てはまるからと言って、諦める必要はまったくありません。むしろ最後に少し述べたように、少しの遊び感覚でスキルアップできる可能性は十分あります。

その感覚を確かめるには、i-smile(アイスマイル)の無料講座を受けてみるのがおすすめです。「i-smile(アイスマイル)って面白いな」と少しでも感じたら、ぜひ本講座に申し込んでみてください。2ヶ月後には、今の自分からは想像ができないほどの英会話スキルを手に入れ、ネイティブとスラスラ話せていることでしょう。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ TOPページを見る