i-smile(アイスマイル)で身につけた英語は本物か確かめてみた

i-smile(アイスマイル)で身につけた英語は本物か確かめてみた

2ヶ月継続するだけでネイティブと楽しく会話ができるようになるi-smile(アイスマイル)。たくさんの感動が寄せられているのですが、本当にコミュニケーションが取れるのか、実際にその効果が本物なのかどうかは知りたいところですよね。

そこで今回、i-smile(アイスマイル)のレッスンをした上でさまざまなシチュエーションで自分の英語力を確かめてみました。授業を受けたあとにどうなるのか、この記事を読んでイメージしてもらえれば嬉しいですよ。

リスニング力を確かめてみた

リスニング力を確かめてみた

まずはi-smile(アイスマイル)で身につくリスニング力が本物か確かめてみました。具体的には「ドラマ・洋画」「洋楽」「ネイティブ同士のリアルな会話」の3種類のシチュエーションから確認しています。それぞれ順にご紹介していきましょう。

ドラマ・洋画を見てみる

通常のドラマや洋画は間違った文法やスラングが多用されているため、勉強すること自体は不向きと言われています。実際まだ英会話の基礎力を身につけていないまま普段のドラマや映画を見ても、何を言っているのか早くてわからない、英語の辞書を引いても正しい意味が出てこないことがほとんどです。

一方i-smile(アイスマイル)は、語学学習用に作られたドラマを見てレッスンで英語が話せるようになっていきます。ではそのi-smile(アイスマイル)で習った上で通常のドラマや洋画を見るとどうなるのかと言うと、基本的なリスニング力が身についているので聞き取れるようになります。字幕ではわからない微妙なニュアンスや表現の仕方も自然と掴めるようになり、作品に対してより深く理解することも可能です。

洋楽を聞いてみる

より難易度が高いのが洋楽です。確かにフレーズ自体は短いのですが、音楽に合わせたり芸術性を高めるために分多少言葉を違った方法で使われていることが大半。またかえって音楽があることでなんとなく聞き流してしまいやすいので、本当に意味を理解しようとすると洋楽はかなり難しい部類に入ります。

ただi-smile(アイスマイル)をこなしていくと英語自体に耳が慣れてくるので、ドラマや洋画が字幕なしで見れるようになっていると洋楽もすっと言葉が頭に入ってきます。こちらもまた作品の隠された魅力に気づけるようになるので、洋楽が好きな人には嬉しいことでしょう。

ネイティブ同士のリアルな会話

これは実際に確かめようと思って行ったわけではないのですが、カフェで知らない外国人観光客2人がたまたま隣に座り会話を始めました。最初は特に気にせずひとりの時間を楽しんでいたのですが、だんだんその2人が盛り上がり、次第にこちらの耳にも会話の内容が入ってくるように。するとその会話がまるで日本語のようにスムーズに理解できたのです。

あまり盗み聞きはよくないと思いつつ、心の中では「i-smile(アイスマイル)で習ったおかげだ」と感動していました。ドラマで聞いたフレーズも使っていて、日常英会話のために作られた教材であることは間違いないと言えます。

スピーキング力を確かめてみた

スピーキング力を確かめてみた

続いて確かめてみたのはスピーキング力です。i-smile(アイスマイル)でもネイティブの先生がオンラインで教えてくれるのですが、あくまで先生と生徒の関係。変に気を使ってくれていることはないと思いつつ、見ず知らずのネイティブに自分の発音が通用するかどうか少し気になっていたのです。そこで「i-smile(アイスマイル)以外の英会話講師」「ネイティブの知り合い」「アメリカのカスタマーセンター」で確かめることにしました。

i-smile(アイスマイル)以外の英会話講師

今はもうやめてしまったのですが、i-smile(アイスマイル)と同時進行で英会話スクールに通っていました。もしi-smile(アイスマイル)でレベルアップができなかったら、と考えていたからです。

ただそのような心配は不要で、i-smile(アイスマイル)の授業を受けてからというもの、先生が私の発音に対して素直に褒めてくれるようになりました。それで私自身も楽しくなりましたし、何より相手に伝わる発音ができているんだなと実感したのを覚えています。

ネイティブの知り合い

頑張っていると嬉しいことが起きるもので、友人の紹介でネイティブと知り合いになりました。これはいいチャンスだと思い、彼には自分が英会話の勉強中であることを伝えて、日本について教えることを条件に私の英語をチェックしてもらうようにしてもらったのです。

すると私の英語を聞いた彼は驚き、「まだ勉強中なのか?もう十分話せるじゃないか」と言いました。これまで聞いてきた日本人の英語の中で一番うまい、とも。i-smile(アイスマイル)のスピーキング力は、ネイティブさえも驚かすものと確かめることができました。

最後に

最後に

英会話を楽しむ上で前提となるのは、「相手の話を理解すること」「相手に伝わる発音をすること」です。今回の検証を通して、i-smile(アイスマイル)はその必要不可欠なスキルを確実に身につけられると断言できます。ぜひi-smile(アイスマイル)で新しい日常を手にしてみてください。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ TOPページを見る