著作多数!i-smile(アイスマイル)の講師デイビッド・セインの正体

著作多数!i-smile(アイスマイル)の講師デイビッド・セインの正体

i-smile(アイスマイル)の筆頭講師は有名な英会話講師デイビッド・セインです。この先生なくしてi-smile(アイスマイル)は生まれず、感動の口コミもなかったと言えます。それほどまでにi-smile(アイスマイル)には、英会話が上達する確かな効果と彼のこだわりが詰まっているのです。

この記事ではデイビッド・セインの正体を解き明かすとともに、i-smile(アイスマイル)がどのようにして作られたのかをご紹介します。なぜ優れているのかを知ることで、i-smile(アイスマイル)を始めやすくもなるでしょう。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

デイビッド・セインの正体

デイビッド・セインの正体

デイビッド・セインは20数年前に来日し、日本人と英語を結びつけるためにさまざまな活動をしています。その一部をここでご紹介していきます。

通訳・翻訳を経て経営者に

デイビッド・セインは来日する前に、アメリカでフリーランスの翻訳・通訳として働いていました。取引先は大手が主とのことで、非常に信頼されていたことが垣間見えます。日本に来てからも翻訳・通訳としてさまざまな企業と取引を行っていました。その後AtoZ Education株式会社の取締役に就任し、英会話本の出版企画や編集など、より多岐に渡って英会話を通じてさまざまな活動をしています。

テレビ出演や英会話サイトの監修も

デイビッド・セインは来日してから、多数のメディアに関わってもいます。代表的なところだと、NHKの日本語学習番組へのレギュラー出演、日経新聞や朝日新聞でのコラム執筆など。ほかに受験生向けの英語学習サイトや日本文化を英語で紹介する英語学習サイトの監修もしていて、英会話講師と言ったらデイビッド・セインと認識している人も少なくありません。

日本人より日本人らしい人

英会話講師になる前から日本語に精通していたデイビッド・セイン。流暢かつ丁寧な日本語で、日本人よりも日本人らしいと言われることも。英会話講師になってから1万人を超える日本人を教えてきたこともあり、日本人がどのように学習をするのかというのも熟知しています。そのスキルがあるからこそ全国に多くのファンがいて、多数の執筆依頼もあると言えるでしょう。

デイビッド・セインとi-smile(アイスマイル)

デイビッド・セインとi-smile(アイスマイル)

i-smile(アイスマイル)に劇的な効果があるのも、まさにデイビッド・セインの経験がなせるものとしても過言ではありません。では実際にどのようなこだわりがi-smile(アイスマイル)に反映されているのでしょうか。ここで詳しく見ていきましょう。

英語は楽しく学ぶ

デイビッド・セインがi-smile(アイスマイル)を作るにあたって、こだわったのは英語を楽しく学ぶということです。単調な単語の暗記、難しい文法のマスターではなく、いかに趣味と同じような感覚で身につけていくか。その目的のために作られたのがi-smile(アイスマイル)です。

i-smile(アイスマイル)へのこだわり

i-smile(アイスマイル)がドラマという普段私たちが見慣れているもので英会話のレクチャーをするのも、そうしたデイビッド・セインの考えのもとです。そのドラマがプロの業者の手で作られていること、マサチューセッツ工科大学や東京大学などの研究結果を元にしたメソッドが盛り込まれていることからも、この英語教材にかけるデイビッド・セインの強い思いが伝わってきます。

デイビッド・セインの著作

デイビッド・セインの著作

英語を楽しく学びながら効率よく身につけてほしい。そうしたデイビッド・セインの思いはこれまでの出版本にも見ることができます。最後に彼の代表的な書籍を紹介しながら、デイビッド・セインの考えを読み解いていきましょう。

マンガで面白い

デイビッド・セインが書いている本の中には、マンガで書かれているものがあります。代表的な書籍は『爆笑! 英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語』『ネイティブはこう使う! マンガでわかる前置詞』があげられるでしょう。面白おかしいストーリーとユニークなキャラクターで、英語学習の本ながら何度も読み返したくなる魅力があります。

教科書スタイルの本も出版

一方で『ネイティブが教える ほんとうの英語の前置詞の使い方』『ネイティブが教える 英語の形容詞の使い分け』など、教科書スタイルでより細かい部分を教えてくれる本も彼は出版しています。英会話初心者だけでなく中級者・上級者向けの本を執筆できるのも、あらゆるニーズを持つ人たちを相手にノウハウを積み重ねてきたからと言えるでしょう。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)が楽しく学ぶこと、確実にレベルアップすることを目指して作られたのは、英会話を通して喜びを感じてほしいというデイビッド・セインの純粋な思いがあるからです。それは確かに、レッスンを受けた人の上達したという感動に結びついています。英会話講師の第一人者である先生の熱い授業を受けて、上達の実感を掴んでみてはいかがでしょうか。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ TOPページを見る