i-smile(アイスマイル)を学ぶ前にやっておきたいこと

i-smile(アイスマイル)を学ぶ前にやっておきたいこと

i-smile(アイスマイル)は工夫されたカリキュラムで、英語が苦手な人でもレベルアップできる教材です。レッスンを受けるときに特別なスキルは必要なく、手軽に受けられるのが魅力のひとつ。しかし実はi-smile(アイスマイル)の効果をさらに上げる方法があります。

この記事では、英語が苦手な人にはぜひやってもらいたい事前の準備方法をお伝えします。簡単にできることなので、ぜひ試してみてください。

生活のリズムや行動を知っておく

生活のリズムや行動を知っておく

あなたは一日の生活のリズムや行動を把握していますか。普段何時間寝て朝何時に起きて、準備はどのようにしているのか。何時にご飯を食べるのか。何時間労働をして帰宅は何時なのか。就寝前には何をして、何時くらいに寝るのか。

実はこれらをきっちりと把握している人はあまりいません。日によって違うリズムや行動の人がほとんどだからです。なぜi-smile(アイスマイル)のレッスンを受けるときに知っておくといいのか、以下に説明していきましょう。

レッスン時間を確保する

そもそもi-smile(アイスマイル)のレッスン時間は、1回15分から30分です。少なくとも英会話教室などに比べると短い時間なのですが、ただ意外と忙しくて今日はできない…という事態になったり、仕事で疲れてしまうと早く寝たいと思ったりする人もいます。

こういったイレギュラーな事態に備えて、あらかじめレッスン時間を確保することが大切です。朝起きてから、お昼の合間になどできる限りレッスン時間が取りやすいところを決めておき、もしそこで授業が受けられなくてもズラせるようにする。そうすることで今日もできなかった、明日もできなかったという事態を避けることが可能になります。

スキマ時間は生活のリズムからわかる

そんな時間はない、という人もいるかもしれません。ですが通勤中になんとなくスマホを見ている時間はありませんか?夜寝る前になんとなくテレビを見ているときはありませんか?こうした知らず知らずのうちに消費している時間にi-smile(アイスマイル)のレッスン時間をあてれば、日常生活にそこまで大きな負担はかからないはずです。

そしてまさにこのスキマ時間を見つける方法が、自分自身の生活のリズムや行動を振り返ることなのです。「あの時間をレッスンする時間に変えればいいな」ともう思いついたら、すでにi-smile(アイスマイル)を受ける準備は万端と言えるでしょう。

生活リズムから考えるメリット

生活リズムや行動をベースにレッスンを時間を考えれば、i-smile(アイスマイル)も無理なく続けることができます。なぜ英会話教室が続かないかと言うと自由度が低いからです。ある程度曜日や時間を決められたとしても、朝方や深夜はもちろん、ふと思いついたときにレッスンを受けることもできません。

こうした自分のタイミングで受けられない不自由さは、続けていくほどに負担になります。継続して上達するためにも、生活リズムや行動を理解し、自分が一番やりやすい時間を見つけるようにしてみてください。

「英語が話せるようになる」と言い聞かせる

「英語が話せるようになる」と言い聞かせる

i-smile(アイスマイル)を受けるときには、たとえ英語が苦手でも「英語が話せるようになる」と自分に言い聞かせましょう。たったこれだけでもi-smile(アイスマイル)の効果を高めることが可能です。それには学習とモチベーションの関係が理由にあります。

学習とモチベーション

学習とモチベーションの関係性と言ってもそれほど難しいものではありません。楽しいと思える学習は身につきやすく、そうでないと退屈にしか過ぎないということです。

これは学習内容が優れているかそうでないかも関係ないと言えます。極端な話をすれば、何人もの天才学者を輩出しているような有名講師が、たった1日でテストで満点が取れるようなメソッドを教える授業をしたとしても、それがつまらなければ赤点を取ってしまうことは十分にあります。

自分はできると思い込む

つまり英語が苦手と感じている人は、英語が苦手と感じていることで上達を阻んでいる可能性があるのです。またそうなると、i-smile(アイスマイル)のレッスンもなかなか頭に入ってこない、上達に時間がかかるという事態も起こりかねません。

ですのでこれからi-smile(アイスマイル)を始めるときには、英語が苦手という自分を端に置いて、「i-smile(アイスマイル)を使えば自分は話せるようになるんだ」という気持ちを持ってください。すでにi-smile(アイスマイル)は上達するプログラムが完成されているので、自分に言い聞かせて授業に取り組めばステップバイステップで上達していきます。

最後に

最後に

・自分の生活リズムや行動を知っておく

・「英語が話せるようになる」と言い聞かせる

以上2つのポイントをご紹介しましたが、もし自分なりの継続メソッド、苦手意識の克服方法があるならそちらを試すほうが効果的です。

またこれらはもしうまくできなかったとしてもi-smile(アイスマイル)を受けてはいけない、ということではありません。i-smile(アイスマイル)はどんな人でもきちんと導いてくれるプログラムなので、あまり悩まずに始めてみてくださいね。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ TOPページを見る