i-smile(アイスマイル)が選ばれる5つの理由。英会話が苦手な全ての人へ

「英会話が苦手だから自分には無理かもしれない。でも話せるようになったらいいな」

もしこのような気持ちを持っていたらi-smile(アイスマイル)をおすすめします。i-smile(アイスマイル)は英会話が苦手な人が、確実にスキルアップできるメソッドが詰まった教材だからです。

この記事では、数ある英会話教材の中でi-smile(アイスマイル)が選ばれる5つの理由をご紹介しています。ぜひこの記事を読んで、苦手意識を克服するためのスタートを切ってもらえればと思います。

理由①i-smile(アイスマイル)は日本人にぴったりな教材

理由①i-smile(アイスマイル)は日本人にぴったりな教材

i-smile(アイスマイル)が選ばれる理由のひとつ目は、日本人にぴったりな教材だということ。日本人が英会話を勉強する上でやりがちな癖を考慮して作られているこそ、英会話が苦手な人でも話せるようになるのがi-smile(アイスマイル)の魅力です。早速具体的に説明してきましょう。

日本人が英会話を勉強するときの癖

日本人が英会話を勉強するときの癖

日本人が英会話を勉強する際、多くの人がインプットの練習を中心にしてしまいます。英単語の暗記や英文法の習得など、テキストを使いながら“覚える”ことばかりをしてしまいがちです。しかもそれだけでなく、難しいものをたくさん取り入れることが話すためには必要だとも考えている人も多くいます。

しかし実際、そればかりをやっていても英会話はできないもの。なぜなら英会話では、本当に日常英会話で使えるフレーズをインプットし、それをアウトプットできるようになるのが大事だからです。

学校の難しいテストで高い点数は取れても、ネイティブといざ会話するとなると「何を話していいかわからない」「自分の話している英語が伝わらない」という事態になるのも、まさにこれが原因。難しい問題を解くことだけに躍起になり、日常で使えるフレーズをインプットできていない、さらにそれをアウトプットする力が足りていないために起きるのです。

正しく英語をインプットする

正しく英語をインプットする

i-smile(アイスマイル)では、1回15分程度のドラマを見て学習していく教材です。画面越しに役者同士がネイティブが日常生活で使うフレーズを、本物と同じ発音の仕方で話しながらやり取りする様子を見ることできます。

これを何度も繰り返し見ることで、「日常で使うフレーズの発音」を身につけつつ「そのフレーズが使えるシチュエーション」を理解できるのが特徴。従来のテキスト学習ではなかなかできなかった効率のいいインプットができるようになっているのです。

アウトプットも充実

アウトプットも充実

i-smile(アイスマイル)はただドラマを見て、英会話を聞くだけではありません。ドラマを視聴し終わったらアウトプットする機会も用意されていて、耳から覚えた英語を口に出す練習ができるように作られています

新しい日本語を覚えたときに実際に使うことで覚えられるように、アウトプットは語学学習ではとても大切なこと。インプットばかりしがちな日本人の英会話スキルが、自然とアップするように考えられているのがi-smile(アイスマイル)と言えます。

制作したのはあの有名な講師!

こうした日本人の癖をしっかり把握しているのも、制作したのがデイビッド・セインだからです。デイビッド・セインは、英会話を勉強しようとしている人や今まさに勉強している人なら誰もが知っている超有名講師。数々の本も出版していて、読んだ人も多いでしょう。

デイビッド・セインは20年以上前に日本に来てからこれまでたくさんの日本人に英語を教え、その中で日本人に効率よく英語を覚えさせるメソッドを身につけてきました。そのすべてを詰め込んだのが、i-smile(アイスマイル)なのです。

理由②英会話ドラマでさくさくレベルアップ

理由②英会話ドラマでさくさくレベルアップ

ふたつ目の理由は、英会話のドラマを見るだけで効率よくレベルアップするところです。なぜそれによって選ばれるのか、そんな簡単な方法で話せるようになるのかここで詳しく説明しましょう。

語学学習専用に制作

語学学習専用に制作

そもそもドラマを見るだけなら、よくテレビで放送されているような海外ドラマや洋画を見ればいいのでは、と思うかもしれません。ですが普段目にする海外ドラマや洋画は“楽しむ”ために作られているもので、間違った文法を使っていたり、スラングと呼ばれる俗語を話していたりするケースが多くあります。言い換えれば、英会話を勉強するための教材には適していないのです。

しかしi-smile(アイスマイル)で見れるドラマは、最初から語学学習用として制作されています。視聴した人が正しい発音と文法、そしてそれを適切なシチュエーションで使えるように作られているのです。ただ“楽しませる”のではなく、“レベルアップさせる”というところに重点が置かれているのがi-smile(アイスマイル)なのです。

有名大学提唱のスマート字幕

有名大学提唱のスマート字幕

では具体的にどのような方法でスキルをアップさせるのかと言うと、スマート字幕という方法です。これはアメリカの有名大学マサチューセッツ工科大学で提唱されている理論を元に開発された字幕で、語学学習をより効率よく身につけるために適した方法です。研究によればテキストで学習したときよりも、2倍の学習効果が得られるとされています

本格ドラマで面白い

本格ドラマで面白い

もちろん、ただレベルアップさせるだけではありません。i-smile(アイスマイル)のドラマは、民放のテレビドラマを普段から制作している会社と協力しながら作られています。教材の構成や脚本はもちろん、撮影や編集など至るところまで携わっているのです。また出演する役者たちは全員プロが出演しています。

優れた技術を持つ人たちによって作られたi-smile(アイスマイル)のドラマはクオリティが高く、英会話レッスンを受けていることを忘れてしまうほど。「ドラマの脚本が面白くなくて飽きてしまった」「不自然な演技が気になって学習に集中できなかった」ということは決してありません。

理由③1回15分と手軽!

理由③1回15分と手軽!

i-smile(アイスマイル)のドラマは1回15分ととても短いのが特徴です。アウトプットの時間を含めても、1回のレッスン時間はそれほど長くはありません。この短さが3つ目の理由ですが、どのようなメリットがあるのかここで説明していきます。

毎日視聴しやすい

英会話学習においてとても大切なのが継続です。毎日少しでも英会話のレッスンをすることで、聞いたフレーズや学んだ言葉を記憶することができます。i-smile(アイスマイル)のドラマは1回15分なので、例えば通勤のときの電車の中や仕事の休憩時間、夜寝る前などに視聴することが可能です。生活に取り入れやすく、自然と毎日学習に繋げられるのがメリットと言えるでしょう。

“ながら”で学べる

またテキスト学習と違って15分間机に向かう必要がなく、何かをしながら学習できるのもi-smile(アイスマイル)ならではです。歯を磨きながら、身支度をしながら、料理をしながらでも勉強が可能なので、平日は忙しくて空き時間がなかなか作れない人でも継続してレッスンを受けることができます。

理由④従来のレッスンにあったデメリットを克服

理由④従来のレッスンにあったデメリットを克服

4つ目の理由は、i-smile(アイスマイル)が従来のレッスンにあったデメリットを克服している点です。事実、i-smile(アイスマイル)で英会話ができるようになった人の中には、これまで英会話教室に通っていた人や英会話本で学習していた人もいます。従来のレッスンでは身につかなかった人が、みるみるうちにスキルアップできているのを実感しているのです。ここでは従来のレッスンにあったデメリット、そしてi-smile(アイスマイル)がどう克服しているのかについて説明していきます。

英会話教室のデメリット

英会話教室のデメリット

英会話教室は、英語講師と実際に会話のやり取りをしながらスキルを磨くことができます。ネイティブ英語を生で体験することで、正しく英会話の特訓ができるのが特徴です。

しかしレッスンを受けるためには、駅前などにある教室に予定を合わせて通わなければいけません。とても当たり前のことですが、比較的真面目に通っていた人がたまたま仕事が長引いたり急用が入ったりしてあるとき行けなくなり、それがきっかけでだんだんと休みがちになって気がついたら行かなくなっていた、となることは珍しくありません。

また英会話講師と対面で話すのがつらくなり、通うのが億劫になったという人もいます。このように正しく効率よくスキルアップができるのが英会話教室ですが、通うのを続けにくいのがデメリットとしてあります。

英会話本のデメリット

英会話本のデメリット

今、本屋さんに行くと英会話を身につけるための本がたくさん並んでいます。効率よく身につけることができるよう各本ともに工夫がこらされているのですが、途中で挫折する人も決して少なくありません。

その一番の理由は、やはり楽しさが見つけにくいというもの。分厚い本を開き、活字に目を凝らして勉強する方法というのは、よほどモチベーションが高くないと退屈に感じてしまうものです。

またテキスト学習に慣れていて効率よくできる人なら別ですが、そうでない人だと成果が出るまでに思った以上に時間がかかってしまう、という面もあります。本当に身についているのかどうかも把握しづらく、モチベーションが保ちづらいのもデメリットとして挙げられるでしょう。

i-smile(アイスマイル)はどちらも克服!

i-smile(アイスマイル)はどちらも克服!

従来のレッスンには、以上からわかるように「続けにくい」「効率よくできない」「面白くない」といった弱点がありました。もちろん英会話教室にしても英会話本にしてもメリットはあるので、必ずしも悪いということではありません。しかし弱点によってレベルアップできず、英会話が苦手だと感じてしまう人がいるのも事実です。

i-smile(アイスマイル)では1回15分という短いドラマで学ぶというレッスン方法が採用され、そうしたデメリットを克服するように作られています。多くの人に選ばれている理由には、従来の英語教材での悩みを解決している部分にもあるのです。

理由⑤ほかの人の評価が高い

理由⑤ほかの人の評価が高い

i-smile(アイスマイル)が選ばれる最後の理由は、ほかの人の評価が高い点です。i-smile(アイスマイル)の口コミを調べると「i-smile(アイスマイル)をやってよかった」「本当に英語が話せるんだ!」という喜びや驚きの声が多数あります。そうした高評価な口コミをきっかけに、始める人が多いのもi-smile(アイスマイル)の特徴です。いくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

こんなに話せるなんて正直思いませんでした

i-smile(アイスマイル)を始めたのは、私と同じく英語が話せなかった友人が気がつけば堪能になっていたことです。1年に1回ふたりでアメリカに旅行していて、これまでは通訳の人が必要だったのですが、今年の旅行の計画を立てているときに「通訳はいらないよ」と言われて。

最初は単なる見栄っ張りだと思っていたんですが、実際現地に着くとペラペラと英語でコミュニケーションを取っていたんですね。「どうして話せるようになっているの?!」と聞いたら、i-smile(アイスマイル)をやったからだと友人は言いました。

それで私も始めたんですが、本当に驚きましたよ。最初の2週間くらいでなんとなく英語が聞き取れたり話せたりするようになって。1か月続けたらある程度の英会話だったら、スムーズにできるようになっていました。今はもう向こうの方と話すのは全然苦ではありません。むしろ通訳を通してのコミュニケーションと違って、相手の微妙な気持ちの変化もわかるようになっています。正直こんなに話せるとは思いませんでした

ドラマが本当に面白い

こういう英語教材はどうも信じられなかったんですが、口コミを見て始めました。やっぱり話せる人が実際にいると安心して始められますよね。だから私も誰かの役に立てればと思って書いています。

i-smile(アイスマイル)のいいところはやっぱりドラマが面白い、というところです。見ていて飽きないですし、今回はストーリーなんだろうといつもワクワクしながら見ています。いろんな教材をやってきましたが、どんなにいいと言われているものでも楽しいと続かないんですよね。続けられるからスキルも着実に身についていくのかなとも思います。

世界が変わりました

仕事で英語を使う機会が増えてきて、前まではうまくごまかしてやってきたのですが、いよいよそれが通じなくなってきて。最初は英会話教室に通ったんですよ。でもどうも肌に合わなくて、通うのが億劫になっていました。

ただこれではまずいと思って、いろいろ調べていたらi-smile(アイスマイル)にたどり着きました。i-smile(アイスマイル)の説明を聞いたときは、本当にこれで身につくの?と思いましたよ。ですが英会話教室もダメ、本屋にあるような語学書もきっと続かないと思っていたので、消去法でしたがやることにしました。

そしたら目に見えて成長を実感できるようになったんですね。相手が何を言っているのかわかるようになって、これはもしや…と思ってしっかり勉強するようにしたら、そこからはトントン拍子でした。英会話が身について相手とうまくコミュニケーションが取れるようになり、今では大きなプロジェクトを任せてもらえるようにもなりました。消極的な理由で始めた私でも成長できたので、最初から積極的に取り組めばもっと早く英語が話せる実感も掴めると思います。本当にi-smile(アイスマイル)をやってよかった。世界が変わりましたね。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)では、多くの人が2か月でスキルアップの実感をしています。その中には、英会話教室に通ったり英会話の本を買ったりしたけど上達できなかった人も多くいます。

英会話に対する苦手意識が生まれてしまう原因のひとつは、従来のレッスン方法でうまくいかなくなったというもの。ただそれは才能がないからではなく、その方法が合っていなかっただけに過ぎません。

i-smile(アイスマイル)には、英語が苦手だと思う人こそスキルアップできるメソッドがたくさんあります。今から始めれば2か月後には、「やってよかった」ときっと思うことができるでしょう。