水虫に悩む全ての方へ。そう、あなたも該当します。水虫は市販薬では治せなかったり、治ってもまた再発するということがよくあります。水虫治療に効果的なラミシールクリームやニゾラールなどの薬についても詳しく見ていきましょう。また、当サイトでは水虫の症状や治し方、放置するとどうなるのかまで深く見ていこうと思います。ぜひ参考にして頂ければありがたいです。

水虫治療薬ならニゾラールも効果的

ニゾラールは真菌に効果がある抗真菌薬で、水虫治療薬としても効果を発揮します。
ニゾラールは塗り薬で使い、体の中に殆ど吸収されず副作用も少ないため安全に使うことができる薬剤です。
ニゾラールの成分は抗真菌薬のひとつであるケトコナゾールです。真菌はカビなどの仲間で、ケトコナゾールは真菌に作用して増殖を抑えることができます。
ニゾラールが効果がある症状は、水虫、脂漏性皮膚炎、カンジダ症などです。

水虫は白癬菌というカビの一種が原因となるのでニゾラールの効果が期待できます。
脂漏性皮膚炎は頭や顔などに起こりやすく、フケがでたり、皮膚が赤くなるなどの症状があります。
皮膚の分泌が活発な部分に起こりやすいのですが、原因はカビの一種が影響しています。
脂漏性皮膚炎もカビの一種なので効果があります。
カンジダ症もカビの一種が原因で、通常は害のないカビですが何らかの理由で免疫が崩れた場合に増殖して炎症が引き起こされます。

カンジダ症の原因もカビなのでニゾラールは効果的です。
ニゾラールを使うには医療用の医薬品なので医師に処方してもらう必要があります。
海外ではクリームやローションの他にシャンプータイプもあり、シャンプーの代わりに使うことで頭皮全体に効果がありますが、ニゾラールシャンプーは日本では認可されていない医薬品です。
日本で認可されていないということは安全性などは検討されていません。
個人輸入の通販サイトで海外のものを購入する方法もありますが、安易に個人輸入でニゾラールを購入することは注意が必要です。
大きな副作用はないものの、塗り薬なので皮膚に刺激が起こるような可能性はあります。

また使用する際には容器の中に真菌や雑菌などが入らないように気を付けることも必要です。
抗真菌薬といっても長期間保管したものを再度使うのも良いことではありません。
病院で処方される際には、自己判断で治療を止めることはなく、完治させるまで使います。
真菌は皮膚の表面だけではなく、皮膚の中に根を深くはっています。
必ず医師の指示に従って継続して完治するまで治療を続けることが大切なことです。

頭皮に水虫ができたらニゾラールシャンプーを使用

頭皮のフケは様々な要因により発生します。
真菌の一種であるマラセチア菌が原因の場合は、入念にシャンプーをしたり、食生活や生活習慣を見直しても思うように改善しないケースが多いですが、専用のシャンプーを使うことで劇的に症状が緩和することがあります。
ニゾラールシャンプーはケトコナゾールと呼ばれる抗真菌薬が配合されたシャンプーで、マラセチア菌によるフケには特に有効とされています。
ケトコナゾールは水虫の治療薬にも使用される成分です。
ニゾラールシャンプーは海外の製薬会社が製造したもので、同じ成分のジェネリック医薬品であるニナゾルシャンプーを選ぶこともできます。

ただしどちらも国内では市販されておらず、アマゾンや楽天などの通販サイトも扱っていません。
個人輸入で入手する方法が主流で原則、自己責任で購入・使用することになります。

ニゾラールシャンプーの使い方ですが、使用頻度は週2回程度が目安です。
稀にかぶれやかゆみ、皮膚が赤くなるなどの副作用が出ることもありますので、その時はすぐに使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。
副作用がなければ長期間使い続けても特に問題はないようです。
フケの症状が改善された後は1~2週間に1回程度使うことでいい状態をキープすることが期待できます。
フケだけでなく頭皮のかゆみや皮脂を抑える効果や脱毛防止、育毛の効果も報告されています。

ニゾラールシャンプーは気温25度以下の涼しい場所に保管し、表示されている有効期限内に使い切りましょう。
また、12歳以下の子どもの使用は禁止されていますので、くれぐれも使わないように注意してください。
使用感が気になる場合は市販のシャンプーと混ぜて使うことも可能ですが、マッチしないシャンプーもあるようです。