水虫に悩む全ての方へ。そう、あなたも該当します。水虫は市販薬では治せなかったり、治ってもまた再発するということがよくあります。水虫治療に効果的なラミシールクリームやニゾラールなどの薬についても詳しく見ていきましょう。また、当サイトでは水虫の症状や治し方、放置するとどうなるのかまで深く見ていこうと思います。ぜひ参考にして頂ければありがたいです。

水虫を放置するとどうなる?

水虫は命にかかわる病気でないからか、かかっていたとしても熱心に治療を行う人は少ないようです。
しかしそのまま放置しておけば悪化するばかりで良い事はありません。
自然治癒でいつか治るといったものでもないので、気が付いたら早めに治療することをおすすめします。

水虫は放置すると白癬菌の浸食が広がるばかりです。
一部分であったのが、複数の箇所にまで白癬菌が浸食して治療をするのにも時間がかかってしまいます。
冬になるとかゆみなどの症状が軽減されて、一瞬治ったかのように感じるのですが寒くて白癬菌の活動が抑えられているだけで、再び暑い夏になれば症状が現れてきます。
白癬菌を根本からなくしていかないと治る事はありません。白癬菌は根強くしぶといので、自然になくなる事はほぼありません。

水虫を放置しておくと皮膚だけでなく、爪にまで白癬菌が侵入してきます。
爪に菌が入ってしまうと完治するまでに半年以上かかってきます。それは皮膚よりも爪の方が生え変わる期間が長いためです。
ひどくなると爪が変形したり剥がれたり、厚みが出て盛り上がったりもするので靴などで圧迫されて痛みを感じる事もあります。
夏になると素足になる事が多いので、爪水虫は直ぐに周りに分かってしまいます。

水虫をそのままにしておくと、周りの人に移してしまう事も考えられます。
水虫の患部からはがれ落ちた角質に含まれる白癬菌が床やバスマットなどに落ちて他の人の皮膚などに接触すると、人から人へと感染が広がっていくのです。
周りの人にも迷惑をかけるので早めの治療が必要となります。

水虫になっている事で皮膚のバリア機能が弱くなっている事から、他の病気になる確率も高くなります。
また、水虫になっている事で白癬菌に対するアレルギー反応が起こる場合もあります。
水虫とは関係ない足の部分や手にまで発疹がでる事もあるのです。

以上の事から、水虫になっていると感じたら皮膚科や市販の薬で早めに治すことをおすすめします。

水虫は自然治癒することはあるのか

水虫は自然治癒することはありません。
水虫の症状としましては、足の指が赤くなりかゆみが生じるタイプや小さな水疱がたくさんできるタイプやあかぎれのようなひび割れを起こすタイプなどがあります。
むしろ治療せず放置すると悪化させてしまうのです。
なぜなら白癬菌が爪の中に入ってきてしまい爪水虫を発症する可能性が大きいです。

爪水虫はかゆみはないですが、爪が黄色くなったり白くなったりします。
また爪が暑くなり、根元からボロボロになったりすることがあります。
そうなると見た目はよくないですし、靴に当たって痛いということがあります。
そして爪は水虫薬が浸透しにくいので爪水虫になると皮膚科の治療でも大体1年ぐらいかかってしまいます。

水虫かなと思ってても治療をしてない方や水虫だけど秋になり症状が治まったから治ったと思っている方は白癬菌が活動を抑えてるだけなのでなるべく早く皮膚科に行くことがおすすめです。
顕微鏡検査で白癬菌がいるかを確認してもらって治療を開始してもらうのも良いかもしれません。

水虫を放置してはいけない一番の理由としましては、放置してると蜂窩織炎になったりリンパ節炎になってしまう可能性があるからです。
蜂窩織炎が発症するのはほぼひざから下であり、傷口などから細菌が侵入し化膿してしまうという感染症です。
免疫力が低くなってる時に発症しやすくて、高齢者などに多いです。

これは細胞そのものを壊死させてしまうので重度だと命の危険すら考えられます。
ですので放置せずに効果がしっかりと証明されている抗真菌薬で治すのが良いでしょう。
水虫の方は皮膚科で処方される塗り薬、薬局で買える市販のクリーム薬などで治していきましょう。