水虫に悩む全ての方へ。そう、あなたも該当します。水虫は市販薬では治せなかったり、治ってもまた再発するということがよくあります。水虫治療に効果的なラミシールクリームやニゾラールなどの薬についても詳しく見ていきましょう。また、当サイトでは水虫の症状や治し方、放置するとどうなるのかまで深く見ていこうと思います。ぜひ参考にして頂ければありがたいです。

水虫の原因と症状について

水虫になるのは不潔な生活をしているからで、女性で感染している人は少ないというようなイメージを持たれやすいですが実際には異なります。
水虫の原因になる白癬菌は、日常生活の様々な場所に存在しています。
銭湯やサウナなどで使用している足拭きマットからは、100%に近い確率で白癬菌がいるというデータもあります。
床やマット、シーツやスリッパなどにいる白癬菌が皮膚に接触することで感染することが多いです。

また、免疫力が落ちていると感染しやすくなるので妊娠中に水虫になってしまうケースも少なくありません。
蒸れている状態が続くと白癬菌が繁殖するのに適した環境になるため、長い時間、ストッキングを履き続ける女性も感染する恐れがあります。
同様の理由でブーツを長時間履き続けることが多い方、靴下を履かず通気性の良くない靴を履く機会が多い人も注意が必要です。

水虫に感染したことを自覚しやすい症状は、強烈なかゆみです。
体が温まっているときや、寝る前に強いかゆみを感じることが多いようです。
かゆくて眠れなかったり、人前であるのにかきたくて仕方ないような症状が起きたら水虫を疑った方がいいでしょう。
かゆみには波があり、かゆくないときもあると水虫ではないと思ってそのままにしてしまう人がいますが、そのままでは悪化する危険性があります。
一日中かゆくなくても、強烈なかゆみがある状態が続くようならば皮膚科で診断を受けましょう。

皮膚が剥ける、爛れるのも水虫の症状のひとつです。
水ぶくれのようなじゅくじゅくした状態になる場合もあります。
ただし、見た目では分かりにくい水虫もあり、足の裏が白くひび割れているようなときは乾燥によるものなのか、水虫が原因なのか見極めることが難しいです。

進行すると完治まで時間が掛かってしまう恐れがあります。爪の中に白癬菌が入り込む、爪水虫を発症することも考えられます。
早期に発見して治療することが進行させないためには重要です。

歳をとると爪水虫は気づきにくい?

高齢者は若い時と比べて免疫力が落ちていて、統計によると60歳以上の方の25%が爪水虫です。
年を取れば取るほど水虫はメジャーな病気だと思います。水虫の原因は長い時間ブーツを履いたり雨に濡れることで発症します。
爪水虫の症状としましては、爪が褐色や白色に濁り分厚くなります。
爪は神経がないので痛みやかゆみはないですが、かなり分厚いと靴を履くときに圧迫されて痛みを感じる場合があります。

また水ぶくれのような状態になる可能性もあります。
水虫が進行すると治るまでに時間が掛かってしまうでしょう。爪水虫は手にも発症することがあります。
症状が進行しますと歩きにくくなったり、靴が履きにくくなるなど生活において不自由になってしまいます。
糖尿病の方は合併症を引き起こす危険もあります。まずは、皮膚科に診断を受けることが大切でしょう。診断は顕微鏡検査で行われます。

白癬菌を増やさないポイントとしましては、まず患部をしっかりと清潔にしておくことです。
せっけんで毎日洗うことを心がけることが大切です。足を湿った状態にならないようにすることも重要です。
靴下も通気性の良いものを選ぶのがポイントです。靴もなるべく毎日交換することもお勧めします。

市販の水虫治療薬を使うときは注意が必要で、水虫と思っても別の皮膚の病気の可能性もあるからです。
間違った治療薬を使うと白癬菌が発見しにくくなる場合もあります。
なので自分が水虫かなと思ったりそのような症状があるけど病院に行っていないという方はなるべく早めに診断を受けてもらった方が良いです。
もし水虫の方がいましたら、早期発見、早期治療で感染拡大を予防して少しでも症状を改善していきませんか?

関連記事はこちら
No articles