水虫に悩む全ての方へ。そう、あなたも該当します。水虫は市販薬では治せなかったり、治ってもまた再発するということがよくあります。水虫治療に効果的なラミシールクリームやニゾラールなどの薬についても詳しく見ていきましょう。また、当サイトでは水虫の症状や治し方、放置するとどうなるのかまで深く見ていこうと思います。ぜひ参考にして頂ければありがたいです。

ラミシールクリームは、水虫治療薬として販売されている薬です。
この薬は、アリルアミン系の抗真菌剤であるテルビナフィン塩酸塩が有効成分となっていて、ふつうの水虫や爪水虫などによく効きます。

ラミシールクリームは、副作用が少なく薬効性が高いことが特徴となっています。
症状のひどい水虫や、治りにくいタイプの水虫にもよく効くので、長年悩まされている水虫から卒業したいという人にとっておすすめの薬です。
ラミシールクリームには、病院を受診して処方してもらう医療用医薬品のほかに、ドラッグストアなどで購入できる市販薬も存在しています。

ラミシールクリームの効果とは

水虫や爪水虫の治療薬であるラミシールクリームには、テルビナフィン塩酸塩という有効成分が含まれています。
このテルビナフィン塩酸塩というのは、アリルアミン系の抗真菌剤になります。
ラミシールクリームを使用した場合、有効成分が患部に直接働きかけることで、水虫菌が原因となって起きているさまざまな症状を治療してくれることになります。

白癬菌水虫にかかった人の患部には、白癬菌と呼ばれる真菌類が棲みついています。
真菌類というのは、いわゆるカビの一種のことです。
白癬菌によって引き起こされる皮膚の病気には、水虫(足白癬)や爪水虫(爪白癬)のほかに、頭部白癬(しらくも)や体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)などがあります。
ラミシールクリームは、これらすべての病気にたいして治療効果を持っています。

この薬の有効成分であるテルビナフィン塩酸塩は、真菌類(カビ)の代謝を抑えて増殖を防ぐという効果を持っています。
テルビナフィン塩酸塩が水虫に働きかける仕組みとしては、患部に繁殖している白癬菌の細胞内に働いて、菌が生きていくために必要なスクアレンという物質が代謝するための酵素を阻害します。
また、白癬菌の細胞膜を構成しているエルゴステロールの含有量を徐々に低下させていくことで、細胞膜を薄くして破壊します。

つまり、ラミシールクリームを水虫の患部に塗った場合、白癬菌の代謝と増殖が抑えられることになり、最終的に死に至らしめることで、水虫の症状をだんだんに治療していくことになります。
治療できる水虫の種類としては、足指がじくじくするタイプや、足の裏の角質が厚くなるタイプ、足の裏やかかとにちいさな水疱ができるタイプなど、どのタイプにも効き目があります。

ラミシールクリームは、抗真菌スペクトルが広いため、水虫以外にもさまざまな真菌類にたいする殺菌効果があります。
カンジダ症の原因となっているカンジダ菌や、癜風や脂漏性皮膚炎の原因となっているマラセチア菌などの真菌類も、この薬によって殺菌することができます。
そのため、水虫以外にもさまざまな皮膚の病気にたいして治療効果のある薬となっています。

ラミシールクリームはとくに白癬菌にたいする治療効果が高いため、1日1回使用するだけで水虫や爪水虫を治療することができます。
ぜにたむしやいんきんたむしなどの治療に使う場合にも、使用方法は基本的に同じです。
水虫や爪水虫に使用する場合には、ラミシールクリームを1ヶ月~2ヶ月くらい塗り続けることで、水虫の症状を治療することができます。

ラミシールクリームの副作用について

ラミシールクリームの副作用についてはどうなっているのでしょうか。
水虫の治療薬であるラミシールクリームは、内服するタイプの薬ではないので、副作用が出ることはそれほど多くありません。
重い副作用もほとんどないと考えて良いでしょう。

抗真菌薬は内服すると、肝機能障害や血液疾患などの副作用を引き起こしてしまうことがありますが、ラミシールクリームにはそういった副作用が出ることはありません。
ラミシールクリームを使用した際の副作用は、主にクリームを塗った周囲だけに限られることになります。
また、副作用のほとんどは主に皮膚にかんする症状となっています。

ラミシールクリームを使用した場合、人によってはヒリヒリしたり、クリームが染みたりするなどの刺激感を感じることがあります。
ただし、刺激感はほとんどの人ではそれほど強く感じられることはありません。
皮膚が弱い人や、患部やその周囲に傷やただれなどがある人では、刺激感が若干強めに感じられることもあります。

人によっては、ラミシールクリームを使用した後で接触皮膚炎(かぶれ)の症状を起こす人がいます。
以前に水虫の薬を使ってかぶれの症状が出たことがある人は注意するようにしましょう。
また、塗り薬を使用してかゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことのある人も、これらの副作用に注意するようにしてください。

皮膚炎のイメージラミシールクリームのそのほかの副作用としては、発赤や紅潮などの症状が出る人がいます。
皮膚からフケのようなものが出る鱗屑や、皮膚がはがれ落ちてしまう落屑、皮膚の亀裂などの症状が出ることもあります。
こういった副作用は、とくに敏感肌の人や皮膚の弱い人に多くなっています。
発疹や発赤・かゆみなどの副作用が強く出るようであれば、ラミシールクリームの使用を中止して病院を受診するようにしてください。

使用する部位によっては、皮膚の乾燥や湿疹、色素沈着などの副作用が起きる場合もあります。
また、皮膚灼熱感や疼痛を感じる人もいます。
頻度は不明ですが、ラミシールクリームの使用によって過敏症の副作用が出る人もいます。
過敏症の症状が出た場合、発疹や蕁麻疹のほかに血管浮腫の副作用が見られることもあります。

ラミシールはクリームタイプのものであれば、刺激感や副作用は比較的少なくなっています。
しかし、使い過ぎによって皮膚が荒れたり、かぶれを起こしたりすることもあります。
なお、他の薬との併用によって副作用が強く出てしまうこともあるので注意するようにしてください。

市販の薬だと効果がやや弱い?

ラミシールクリームには、病院を受診してから薬局で処方してもらう医療用の医薬品と、ドラッグストアなどで処方箋なしに購入することができる市販薬の2種類が存在しています。
これらの2種類の薬にはどちらも有効成分としてテルビナフィン塩酸塩が含まれているのですが、やはり市販薬のほうが効き目が弱いのでしょうか。

一般的に市販薬は効果が弱いために効きにくいと考えている人も多いかもしれません。
これは、薬に含まれている有効成分の含有量に関係しています。

医薬品には効果や効能とともに副作用があり、有効成分の含有量が高ければ、効果とともに副作用もそれだけ強くなってしまいます。
そのため、有効成分の含有量が多い医薬品は、通常は病院を受診して医師の指導のもとで処方してもらう必要があります。
しかし、副作用がそれほど強く出ない製品の場合には、市販薬であっても医療用の医薬品と同じ量の有効成分が含まれているものもあるのです。

ラミシールクリームの場合、医療用の医薬品における有効成分の含有量は1%となっています。
これは、ラミシールクリーム1グラムあたりに10ミリグラムのテルビナフィン塩酸塩が含まれているということになります。
医療用の医薬品であるラミシールクリームは、1種類の製品しか存在しないので、どの病院を受診しても有効成分の含有量は同じだということになります。

また、ラミシールクリームにはジェネリックの医薬品もありますが、こちらも有効成分であるテルビナフィン塩酸塩の含有量はすべて1%です。
つまり、病院を受診してこのお薬を処方してもらう場合には、つねに同じ効果・効能の薬を処方してもらえるということになります。

一方の市販薬についてはどうでしょうか。
ラミシールクリームは市販薬としてもいくつかの製品が存在しています。
その有効成分の含有量を見てみると、テルビナフィン塩酸塩についてはどの製品も1グラムあたり10ミリグラムとなっています。
そのため、有効成分の含有量についてだけ比べて見れば、ラミシールクリームは医療用の医薬品であっても市販薬であっても効果は変わりないということになります。

しかし、ラミシールクリームの市販薬には、テルビナフィン塩酸塩のほかに追加の成分が含まれているものもあります。
これらは保湿成分であったり、かゆみを抑える成分であったりします。
こういった追加で含まれている成分が身体に合っていない場合には、市販薬のほうが効き目が弱いと感じられてしまう場合もあります。